6月13日、福岡大学と財団法人日本サッカー協会(名誉会長:川淵三郎)が、福岡県での地域社会貢献を目的とした連携を推進していくため、相互協力協定を締結しました。
 

 60周年記念館において調印式と記者会見が行われ、今後は日本サッカー協会が、2007年より小学生向けに行っている学習支援活動「JFAこころのプロジェクト」への福岡大学からの協力など、人的・知的資源、情報、機能を融合させることで、地域社会への貢献と次世代の人材育成を目指した活動を行っていきます。

詳細は福岡大学ホームページのニュースに掲載されています。http://www.fukuoka-u.ac.jp/activity/topics/11/06/13181600.html
 

tyouinn.jpg

握手する川渕日本サッカー協会名誉会長と衛藤福岡大学長